Your Growth is Our Growth.

IR 投資家情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IR

各    位

2014年03月28日

会  社  名 GMOアドパートナーズ株式会社
代  表  者 代表取締役社長 高橋 信太郎
(JASDAQ・コード4784)
問合せ先 取締役 森竹 正明
(TEL:03-5728-7900)

支配株主等に関する事項について

 

 当社の親会社であるGMOインターネット株式会社及びGMOアドホールディングス株式会社について、支配株主等に関する事項は、以下のとおりとなりますので、お知らせいたします。

 

1.親会社、支配株主(親会社を除く)又はその他の関係会社等の商号等

(平成25年12月31日現在)

親会社等

属 性

親会社の議決権所有割合

発行する株券が上場されている金融証券取引所等

GMOインターネット株式会社

親会社

49.09%

(49.09%)

東京証券取引所

市場第一部

GMOアドホールディングス株式会社

親会社

51.68%

なし

(注)1.議決権を有しない株式として、自己株式(4,318株)を控除して計算し、()内は間接被所有割合の内数を示しております。

2.当社は、平成25年12月2日開催の取締役会の決議に基づき、GMOソリューションパートナー株式会社を完全子会社とする同社との株式交換契約を同日締結しました。当該株式交換により当社は、平成26年1月1日付にて新株式を発行し、その全てをGMOソリューションパートナー株式会社の完全親会社であったGMOインターネット株式会社に割当てました。なお、当該株式交換により、平成26年1月1日現在の、GMOインターネット株式会社の議決権保有割合は53.95%(44.41%)、GMOアドホールディングス株式会社の議決権保有割合は46.75%となりました。

 

2.親会社等のうち当社に与える影響が最も大きいと認められる会社の名称及びその理由

(平成25年12月31日現在)

名  称

理  由

GMOインターネット株式会社

GMOインターネット株式会社は、当社親会社のGMOアドホールディングス株式会社の議決権の95.00%を所有しております。

 

3.非上場の親会社等に関する会社情報の適時開示の免除の理由

親会社のうち当社に与える影響が最も大きいと認められる会社が上場企業であるため。

 

4.親会社等の企業グループにおける当社の位置づけとその他の当社と親会社等との関係

GMOインターネットグループは「すべての人にインターネット」をコーポレートフィロソフィーキャッチとし、WEBインフラ・EC事業、インターネットメディア事業、インターネット証券事業、ソーシャル・スマートフォン関連事業およびインキュベーション事業を中心として、総合的なインターネットサービスを提供しております。

 

① GMOインターネットグループにおける当社グループの位置づけについて

当社グループは、GMOインターネットグループのインターネットメディア事業に区分される会社として位置づけられております。

② 親会社等との役員の兼務関係について

平成25年12月31日現在における当社の役員10名のうち、親会社等の役員を兼ねているものは次の4名であり、その氏名、当社における役職および親会社における役職は次のとおりであります。

 

(役員の兼務状況)

当社における役職

氏 名

GMOインターネット株式会社における役職

GMOアドホールディングス株式会社

における役職

就任理由

取締役会長

(非常勤)

熊谷 正寿

代表取締役

会長兼社長

グループ代表

代表取締役

親会社等での経営者としての豊富な経験及び幅広い知見を当社経営に活かすため

代表取締役

社長

高橋 信太郎

常務取締役

グループメディア

部門統括

(非常勤)

取締役

(非常勤)

豊富な経験及び幅広い知見を当社経営に活かすため

取締役

(非常勤)

安田 昌史

専務取締役

グループ代表補佐

グループ管理部門統括

当社事業に関する助言を得るため

監査役

(非常勤)

有澤 克己

取締役

グループ財務部長

監査役

(非常勤)

当社事業に関する助言を得ること、及び監査のため

③ 親会社等からの独立性の確保について

当社の事業展開は、親会社等の指示や承認に基づいてこれを行うのではなく、常勤取締役を中心とする経営陣が、独自に意思決定をして実行しております。また、親会社との営業取引における依存度は低く、一部を除いては、そのほとんどは当社と資本関係を有しない一般企業との取引となっております。これらのことから、当社の事業運営における親会社等からの独立性が十分に確保されていると判断しております。

 

5.支配株主等との取引に関する事項

種類

会社等の名称又は氏名

所在地

資本金又は出資金
(千円)

事業の内容又は職業

議決権等の所有(被所有)
割合(%)

関連当事者
との関係

取引の内容

取引金額
(千円)

科目

期末残高
(千円)

親会社

GMOインターネット株式会社

東京都渋谷区

100,000

WEBインフラ・EC事業、インターネットメディア事業、ソーシャル・スマートフォン関連事業

(被所有)
間接
49.09

当社への広告の出稿及び媒体の提供
匿名組合出資
役員の兼任4名

金銭の預入

△1,100,000

受取利息

710

金銭の借入

500,000

短期借入金

500,000

支払利息

639

未払費用

57

匿名組合への出資

25,000

匿名組合投資損失

740

出資金

97,748

 

6.支配株主との取引等を行う際における少数株主の保護の方策の履行状況

当社は、支配株主との取引等を行う際における少数株主の保護の方策に関する指針として、支配株主等との取引条件等におきましては、他の会社と取引を行う場合と同様に契約条件や市場価格を見ながら合理的に決定しており、現時点において、当社は少数株主の保護に対する方策を適切に履行しております。

 

以 上

EDC Japan 2018